So-net無料ブログ作成
検索選択

さくら散歩道 [日々徒然]

土手に並ぶ桜並木


昨日は、天気予報どおり、好天に恵まれた絶好のお花見日和となりました[揺れるハート] 歩いて5分ほどのところなのですが、カメラを持って、お散歩するのは5年ぶりとなります(^^; 

この日は、田舎町の「さくら祭」だということを、5年前と同じく忘れていて、桜並木の写真では閑散としているように見えますが、実際は、橋を挟んで、超下手くそな銅鑼声によるカラオケ大会で賑やか極まりない状況でしたの(笑) 河原では、町内会や職場の仲間、近隣のご家族連れなどが、お弁当や焼肉パーティなどで、のんびりと、お花見を楽しまれていました。

赤磐富士を望む


賑やかな上流側と違って、大河と合流する下流側は、比較的静かでしたので、うたも、ゆっくりとお散歩[るんるん] 今年から経費節減で、こちら側は提灯も無く、スッキリと対岸を見渡せます。 

写真中央の里山は、見える方向によって、形が富士山に似ていることから、通称「赤磐富士」と呼ばれてまして、以前、何かのTV番組でも紹介されたことがあるんですよ(A^^;)

満開のソメイヨシノ


今年は、途中、寒の戻りがあったこともあって、木によって開花の様子が、まちまちですが、おおむね、この日は8分咲き、といったところでしょうか…市内中央付近では満開だそうですが、やや北に位置するだけに、少し遅めです。それでも、枝によっては、こんな風に満開となっていました[かわいい]

鉄橋とローカル線


うたの住む町は、今どき珍しい機動車が走る、単線の超ローカル線沿線となります。上流左手の土手道の終わり付近に、そのローカル線の鉄橋が架かっていて、時々、田舎の風情を求めてか、鉄道マニアが撮影に来たりします。この日も、桜と鉄橋という構図を求めてか、何名かのアマチュア写真家の方が遊びにいらしてました。

で、5年前は待ちきれずに撮影しなかったのですが、お友達から、是非、ローカル線が走っている時の写真が見たい、と所望されたので、今年は頑張ってみました(^^; 

で、頑張ってはみたのですが、何せ、超ローカル線だけに、非常に本数が少ない▼ しかも通勤時間帯でないので、1本の間隔が上下いれても1時間以上の待ち時間…折しも大音響のカラオケで、汽車が走ってくる音が聞き取りにくく、待ち時間の間中、カメラの電源を入れっぱなしにも出来ない為、絶妙なタイミングを逃してしまいました[もうやだ~(悲しい顔)]

という訳で、最後の写真は、お粗末なモノとなりましたが、この次は、こういう失敗をしない為にも、やはり、汽車の時刻を前もって調べておいて臨まなくてはならない、という教訓にもなりました(笑) この鉄道の撮影で、麗らかな春の陽射しの下、4時間に及ぶ、長いお散歩となりました(*^^*) お陰で、ちょっぴり日焼けしたようです☆
nice!(9)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

蘭の祭典☆ [おでかけ徒然]

蘭の祭典 ガーデニング作品1
2日の金曜日、例によって、仲良しオジサマから、トンボに(急に)お誘いを受けて、おかやまドームで開催されている「蘭の祭典」に、お出掛けしてきました[るんるん]

この日は、オジサマの軽トラで行ったのですが、その駐車場への判りにくさと、前日の雨で水捌けの悪さに、Fit君で来なくて良かった、と思ったほど(^^; その上、結構な距離を歩かされまして…関係者車両なんて、すっごく良い場所なんですよ!入場料を取るんだから、もう少し、お客の事も考えて欲しい、と思わず不平が出ちゃいました▼

そもそもが作りの悪いドームなのですが、例年はコンベックスで開催されていたのが、今年は、コチラに移ってきたもの。そして、恥ずかしながら、うたは入場するのは初めてです(苦笑) 館内は、一歩、足を踏み入れた途端、むせかえるような蘭の香りで満ち溢れてました[かわいい]

蘭の祭典 県立高松農業園芸科学科作品

専門家や業者さんのガーデニング展示の中に、農業高校園芸科の生徒さんの作品もありました。高校生らしく、若々しく可愛らしい作品で、プロの目からすると、腕前は、まだまだな部分もあるのでしょうけど、ここまで育てる大変さを考えると、頑張ってるなぁ~!と感心して参りました。

蘭の祭典 ガーデニング作品2

蘭のお花で作られた、枯山水風のガーデンニングは、派手さは無いけど、それが、また良いと申しますか(^^; 大体において、蘭のお花、というと派手派手しいイメージが強かっただけに、ちょっと意外に感じた作品です。

蘭の祭典 東洋蘭金賞作品蘭というと、胡蝶蘭などの洋蘭を思ってしまいますが、楚々とした東洋蘭も素敵です♪ 写真は金賞作品ですが、エビネに近いお花が咲いていました。

とにかく、東洋蘭と、ひとくちに言っても、その種類は、非常に豊富と申しますか、蘭は交配がしやすい植生らしく、東洋蘭といえども、その例外ではないようです。名前を見ると違う種類らしいのですが、葉っぱを見ているだけだと、どこが違うんだろ?と思うほど似ています[あせあせ(飛び散る汗)] う~ん…お花が付いていたら、その差が気づけるのかしら??

さすがに、愛好家の方々が、丹精込めて可愛がったものだけに、いずれも甲乙つけがたしで、葉も美しく、ツヤツヤしております。なので、うたの目には、金賞も銀賞も、はたまた奨励賞も、その落差が判らなかったですねぇ(^^;

蘭の祭典 東洋蘭 奨励賞この作品は、古い日本瓦を鉢として使った、重厚な感じがするもの。瓦にまで苔が付いていて、いかにも年代を感じさせるものですが、鉢一つといえども、出品者の方の心意気を感じます。きっと、お花が咲いたら、この瓦の渋さが、引き立つんでしょうね[揺れるハート]




蘭の祭典 東洋蘭 賞作品群 いずれも小さな鉢植えの東洋蘭たちです。小さくても、ここまで育てるには、何年かはかかるそうで、その間の温湿度管理、水の管理などが大変だそうですが、それがまた楽しみなんですって☆ 

オジサマいわく、こういう蘭を育てる人は、ちゃ~んと温室を作って、盗まれんように気も配ってるから、育つんだそうな。つまり、横着者の、うたのような人間では、どう逆立ちしたって無理っていうことですね(苦笑)



蘭の祭典 洋蘭 金賞蘭の祭典 洋蘭 銀賞

続いてご紹介するのは、洋蘭部門です。麩入りの模様が怪しい美しさを放つ花が、金賞でした。そして、奇妙な形のお花を咲かせているのが、多分、銀賞だったと思うのですが、間違っていたらゴメンなさい。

蘭の祭典 洋蘭 銀賞蘭の祭典 洋蘭の部

こちらも、白い房のように咲いている蘭が銀賞作品。 右は、どういう風にしたら、こうなるのかは判りませんが、7年物ぐらいのお花で、わざと曲げて育てられたもの。 観賞用なので、こんな工夫のある育て方もするんですね☆

蘭の祭典 ハンギング・バスケット会場内には、蘭のお花を用いた、県内各流派による活け花の他、フラワー・アレンジメント、プリザード・フラワー、そして、写真のようなハンギング・バスケットと呼ばれる活け方などや、バラの写真展、園芸ショップの販売店などが、ところ狭しと、ひしめきあってました。

また、著名な園芸家を招いての講演会と、サイン会や、県内に生産工場を持つ自動車メーカーの新車試乗会と展示などもされていて、どういう関連かは判りかねるものの、パッチワークの展示会も同時に行われてました(A^^;)

屋台の米沢ラーメンくるっと回るだけでも、かなり時間が掛かったので、丁度、お昼過ぎとなったので、表で開催されていた諸国物産展で見つけた米沢ラーメンを食べて帰宅しました。

まぁ、屋台ですから、イマイチは否めないんですが、麺だけは、米沢ラーメンらしく縮み麺でした(苦笑) 味は鶏ガラスープの、サッパリ系で、米沢のラーメンの特徴は、ラーメンというより中華そば、という感じが中心なので、正統派らしい味でした☆

本当は、もっと撮影したかったのですが、何しろ、お誘いが急だったので、デジカメの電池が、途中で切れてしまい、残念なこととなりました▼ でも、まぁ、うたのようなヘタクソに撮影されても、蘭のお花たちも、嬉しくないかもしれませんね(笑)
nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

飲茶ランチ・娘娘(にゃんにゃん) [うまいもん徒然]

娘娘・前菜のサラダ先日、今日と同じく雨の日に、例によって仲良しオジサマからナビを依頼されお出掛けした時のご褒美ランチ[レストラン] 前回の尾道ルートの時には慌ただしく、尾道ラーメンで済まされたので、今回は、ちょっと豪華にして頂きました[るんるん]

3月一杯まで、倉敷市の飲食店やホテルなどで、パンフレット持参の方は1500円でランチを提供する、というイベント?が有りまして、それが、特別料理だったり、正規の半額だったり、相当に豪華なモノばかり。

今回、うたが訪れた中華料理「娘娘」(にゃんにゃん)では、飲茶コースが半額ということで、迷わず決めました(^^; まずは前菜となるサラダから…大根とカイワレ。ドレッシングは胡麻風味のする、サッパリした感じでした。

娘娘・蒸し餃子3種娘娘・小籠包3種
続いては、餃子3種…半透明な皮に、海老をベースに、プリプリの海老、ホタテ入り、ニラ入りだったと思います。針生姜のタレで頂きました☆

3品目は、小龍包ですが、こちらも3種類…具材は忘れました(苦笑) 小龍包らしく、中からジワっとスープが染みだして、アツアツで舌を焼きそうでした[揺れるハート]

娘娘・揚げ餃子2種娘娘・中華スープ


揚げ餃子は、皮がパリっとしていて、今度はお肉の餃子です☆ 芥子のタレで頂きましたが、しっかりと味が付いているので、無くてもイケる味です。こちらも、皮の包み方が違うように、2種類です。

スープは、いわゆるトロミのあるタイプで、豆腐が入っていたことは覚えているんですが、とにかく撮影した後、食べる方に気が入ってしまいまして、オジサマと二人、美味しい、美味しいと連発はしたものの、具体的な中身を検証する間もなく、次々と平らげてしまいました[あせあせ(飛び散る汗)]

娘娘・中華ちまき 外観娘娘・中華ちまき


お料理としては最後となる、中華ちまき。 正式に蓮の葉で、くるんだものでした。蒸し器の蓋を開けると同時に、ふわ~っと、その独特な香りが漂ってきたのには感動しちゃいました[るんるん]

見た目は、大きくないのですが、餅米と鶏肉、油を使っている所為でしょうか…予想外に、お腹に溜まります(^^; いずれの品も、そう見た目、沢山な量とは見えないけど、やはり中華料理はボリュームが有りますねぇ!

娘娘・マンゴープリン娘娘・杏仁豆腐


最後は、やっぱりデザート[揺れるハート] オジサマはマンゴープリンを、うたは杏仁豆腐を頂きました☆ ちまきの後クチとして、爽やかなデザートとなりました。

食事中、烏龍茶を所望したところ、可愛らしいポットで登場…急須の中が無くなると、お湯を注いで、また味わう、という、中国茶らしい、やり方で提供されておりました。この烏龍茶も、香りが良く、日頃、よく飲むペットボトルのモノとは、当然ながら大違いで、雰囲気を合わせて、楽しむことが出来ました(*^^*)v

繁華街から、少し離れた場所に建っていることもあってか、店内も静かで落ち着いた感じの作り。雨にも拘わらず、お昼時は待ち人がある繁盛ぶりなのですが、客層が上品なのか、ザワついた感じがしないんです。このお店もデートにお勧めです[ぴかぴか(新しい)] この次は、うたもオジサマとではなく、彼氏と一緒、したいですねぇ~[黒ハート](笑)

 娘娘(にゃんにゃん)公式サイト http://www.nyannyan.co.jp/index.html
nice!(6)  コメント(6) 
共通テーマ:グルメ・料理

期せずしてダイエット(^^; [日々徒然]

本日は、写真は有りませんが、喜ぶべきか、嘆くべきか…複雑な気分のご紹介(A^^;)

一昨年までは、高齢な父と同居でしたので、3度の食事だけは、マジメに作っておりました。昨年は、父が入院していたので、自分が倒れてはいけない、と思い、さして、美味しいとは思わなかったけど、とにかく、コンビニ弁当であれ、牛丼などの安い外食であれ、とにかく、食べることには欠かしたことがありませんでした

病院の付き添い看護で、動かなかったこともありますが、それ以前に、介護の為に仕事を辞めて、自宅に居るようになってから、楽になったことと、年齢的なこともあって、徐々に増えていた体重が、ますます増加の一途を辿り、一気に5kgぐらい、目方が増えてしまってたんですねぇ[あせあせ(飛び散る汗)]

父の死後…まず、自分の為だけに食事を作る、という生活スタイルに慣れないこともあって、家事全般が億劫となりました。 それでも、時には、外食続きだった看護生活の反動で、一人鍋をしたり、オデンを作ったりしてたのですが、いかんせん…一人分を作る、というのは、不経済、この上ない(苦笑) とにかく、最低でも3日間分ぐらい、出来ちゃうんですねぇ(^^;

冷凍保存するといっても限度もあるし、第一、食べる本人である、うたが飽きてしまう(笑) 勢い、手軽なレトルトや、冷凍食品を多用するようになってしまいました▼ となると、今度は、食事というより、まさに餌という感じで、お腹の空き具合と相談、といった塩梅で、気が向いた時に食べる、という方向に変わってきました。

父が元気な頃には、夕食には晩酌をしてましたが、それも無くなったかわりに、夜な夜な、PC作業の時には、アルコールを呑むようになり、一時期はアル中か?と、我ながら危惧しましたが、まぁ、アル中では無いようですが、とにかく食生活的には、かなりの悪循環とはいえ、アルコールでカロリーが足りてしまってるのか、アルコールを呑むから、朝食が食べられないのか、その点は疑問ですけど、朝はコーヒーだけ

年末から、兄夫婦との確執もあって、どうかすると思い悩んで食事を忘れてしまうと申しますか…実際に食べ出すと、あぁ、お腹、空いてるんだ、と気付くのですが、目の前に食べ物が無ければ忘れてるんですね▼ 働いてないこともあって、活動量は少ないにしても、日に2食、もしくは1食、という有様で、気が付くと、看護生活で増加した分を取り戻してました[exclamation](爆)

嬉しいこと?に、看護生活の時に、入らなくなったスカートが、また履けるようになりました[揺れるハート] お金に余裕が有った頃の洋服なので、品物が良いだけに、使えるようになったことは喜ばしいと言えるかもしれませんが…。

とはいえ、時々には、ブログでご紹介したように、ちゃんとしたランチも頂きますが、基本的には、まだまだ、自分の生活サイクルを築くところまで至っていません。 せめて、3度の食事ぐらいは、何かしら整えないといけないなぁ、と思ってはおりますが…でも、このまま、OL時代の体重(後、-5kgぐらい)に戻るのも良いかな、な~んて考えると、ちょっと複雑な気もします(^^;

ちょっぴり不健康ですが、こういうのって、ダイエットっと言うんでしょうかねぇ(苦笑)
タグ:ダイエット
nice!(6)  コメント(7) 
共通テーマ:日記・雑感

安全講習☆ [日々徒然]

ちょっと前の話となりますが、丁度、愛車・Fit君の6ヶ月点検の際、担当の営業マンから「うたさん、プチ安全講習会をするんで、是非、来て下さいよ!」と、お誘いを受けたので、せっかくだから(というよりヒマだから^^;)出掛けてきました☆

当日は、うたの他に4名の方がいらして、そのうち、うたも含めて3名がFitに乗車しているということから、実地講習にはFitを使って説明がありました。

まずは、整備マンから始業点検のポイント。これは、教習所で教えて貰ったことと重なりますが、うたもそうですが、大概の女性ドライバーは、滅多にボンネットなんか開けることは無いので、最初は開け方から説明してくれました。へぇ~!あ、こんなとこにレバーが有るのね、といった調子です(笑)

元々、機械類には、余り強い方ではないので、そのかわり、前のターセル君の時から6ヶ月点検は欠かしたことがありません。なので、まず、オイル切れだの、洗浄液の不足だのは心配したことがない(苦笑) まぁ、見方ぐらいは、教習所のお復習いの意味で、聞いて参りました。

次は、タイヤがパンクした際の応急処置の仕方。HONDA車は、インサイトも、多分、CR-Zもそうだと思いますが、スペア・タイヤを積むスペースを作っていません。オフロード向けはさておき、一般に街中走行する車の場合、日本の道路事情も、かなり良くなっているので、そうそうパンクはしないだろう、ということと、大体、10km以内には、ガソリンスタンドなりHONDAのショップが有るから大丈夫、ということからみたいです。

では、実際にパンクしたら、どうするか…スペアタイヤの替わりに12V電源のコンプレッサー搭載しているので、これを利用して、空気を入れる、すぐに抜けるほどの酷い状態なら修理剤を使う、それで最寄りのスタンドなり、HONDAまで来い、という(^^; このコンプレッサーを利用する時には、ジャッキ・アップも忘れずに、と。

そして、ジャッキも、この位置で使わないと、車が傷つくので気をつけて下さいね、と言った後で、まぁ、自分でするのは面倒ならJAFを呼んで下さい、ですと(爆) なら、最初からJAFを呼ぶよ~!と、ツッコミたくなりました(A^^;) 毎年、高い年会費も支払っていることですしね(苦笑)

その後は、発煙筒の使い方と三角板の設置位置の講習。 幸いなことに、うたは、これまで三角板も発煙筒も使ったことが有りません♪ 今回は、回収した期限切れの発煙筒を使って、実際に点火してみました。マッチをする要領で、必ず、自分の身体の方ではなく、外に向かって擦って下さい、と注意されました。これは、煙を吸い込まない為と、万一、化繊の洋服などを着ている場合、引火する怖れがあるからだそうです。

ご褒美・ASIMO袋その後、室内で、お茶を飲みながらエコ運転の説明や、ディーラーに来て貰いたい理由の説明などがあって、最後に記念撮影して、写真のお土産を頂きました♪ 

HONDAらしく、企業宣伝ロボットのASIMO君のマンガが付いた袋で頂きました。残念ながら、うたの好きな、グリーン・カーの宣伝キャラ・スヌーピーでは無かった(^^; まぁ、それでも多分、ショップのイベントの時などに利用されるモノでしょうが、一応、非売品だろう、と思います☆



ASIMO袋・中身で、中身は…コレ(^^; エコ・ドライブのシオリと、煮込みラーメン1箱、HONDAのロゴ入りの箱は、新型インフルエンザ予防なのか、液体ハンド・ソープ(苦笑) ギフトセットとある箱は、ミニ洗濯洗剤&石鹸&食器用中性洗剤です。

まぁ、粗品だから贅沢を言っちゃいけませんが、価値があるとすれば、ASIMO君の袋でしょうか?(爆) でも、なかなか有意義な講習会だったので、行って良かったと思います(*^^*)v 

まだ、パンクを経験したことのない、うたとしては、多分、最初から諦めて、JAFを呼ぶだろうと思いますが(^^;
タグ:HONDA ASIMO JAF Fit
nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

ふた色もなか☆ [日々徒然]

たねや・ふた色もなか


PC作業の合間、ちょっと、お疲れモードとなったので、甘いモノが欲しくなりました(*^^*)

先日の、お茶の稽古の日、一緒に稽古した小母様から「娘が東京に行ったから、その、お土産をどうぞ」と言われて、ありがた~く頂戴してきたお菓子です。やはり、お茶の稽古に通うような方は、お土産も、抹茶に合うようなお菓子を、お土産として持ってこられます☆

東京土産…とは言うものの、このお店「たねや」は、本店は滋賀県・近江八幡市(^^; ただ、うたの県には、デパート等に出店してないので、初めてのお菓子となります。最初は、麻布(付近だったと思う^^;)の虎屋の羊羹をお考えだったようですが、コチラは、当地でも手に入るので、急遽、変更なさったそうです。

今回のお土産は「斗升最中」(ますますもなか、と読むらしい)」と銘された和菓子。写真のとおり、外見は普通の最中(もなか)ですが、割ってみてビックリ[exclamation&question] 丁度、対角線を挟んで、黒あんとウグイスあんの組合せとなってます。

黒あんは、少し小豆の粒が残るタイプのあん、ウグイスあんの方は、ほんのりとユズの香りがする、こしあん、となってました♪ どちらも、ほどよい甘さの上品なお味です☆

本日は、お彼岸の中日、ほんの少し、ご先祖様のことを思いつつ、こんな和菓子で、ちょっと贅沢な時間を持つのも良いかもしれません。いつもより少しだけ、お高めの玉露を入れて、うたの一服と致しました[揺れるハート]

 たねやグループ 公式サイト  http://taneya.jp/
 たねや オンライン・ショッピング・サイト
            https://shop.taneya.co.jp/shop/default.aspx
nice!(7)  コメント(6) 
共通テーマ:グルメ・料理

春の海、のたりかな [おでかけ徒然]

うららかな春の陽気に誘われて、ドライブがてら、伯母宅へ、お茶会のご案内状をお届けすることにしました…朝までは、午後から下水道の測量に業者が近辺を回っているので、来るかもしれないな、と思って待機していたのですが、お洗濯物を干しに庭に出たら、急に遊びに行きたくなりました(笑)

ブルー・ライン 片上大橋

思い立ったようにして出掛けたので、伯母に書状を手渡した後、どこへ行くというアテもなく、あぁ、そうだ!いつも同じ往復路じゃツマラナイな、と思い、ちょっと遠回りとなるブルー・ラインを走ってみることにしました[るんるん] 

一応、自動車専用道なのですが、高速ではなく、制限速度は60km[車(RV)] 尤も、誰も60kmでは走りませんが(苦笑) 前は、有料だったのですが、償却期間が終わったということで無料になりました。また、事故が多いことでも有名でしたね(^^;

上の写真は、このブルー・ラインの名所の一つ、片上大橋より虫明方面を望んだ写真です。確か、この橋は、夕陽の綺麗な場所、として有名だったと思います。

片上湾・山側


片上湾は、山から、すぐ浜がなく、海となるので、牡蠣の養殖に適した入江でもありまして、海に浮かんでいるのが、その牡蠣筏(かき・いかだ)です。この近くには、日生漁港や、虫明漁港なども有り、瀬戸内の豊かな海産物が、市場より安く、しかも新鮮な状態で手に入るので、結構、地元の人も買い出しに出掛けてきます。

これからの季節は、牡蠣が終わりを迎え、蝦蛄(シャコ)や穴子などが美味しい頃かな[るんるん]

片上湾・瀬戸内側


この先、虫明から邑久、市内と戻っても良かったのですが、またぞろ、ちょいと気が変わって、お友達へのホワイト・デーのお返しに、備前焼を買うことにしました(^^; ブルー・ラインを降りて、国道250号線を逆戻りして、備前伊部(いんべ、と読みます)に。この付近は、備前焼の窯元が、香登(かがと)に至るまで、何軒も有るのですが、今回は、うたのお気に入りのお店に行きました☆

備前焼ビアグラス・天野智也作写真は、今日のドライブのお土産です(笑) 永年、暮らしている割りには、自分用のビア・グラスを持ってなかったので、ちょっと贅沢に、自分へのご褒美として購入したモノ[あせあせ(飛び散る汗)] 

茶道具や、花瓶、酒器など、地元だけに、わが家にも幾つも有るのですが、何故だか、ビア・グラスだけ無い(^^; 水とは相性の良い備前焼ですが、ビールを注ぐと泡が、きめ細やかとなり、発泡酒も、美味しく呑める、と評判なんです[揺れるハート] まぁ、実際に贈った、うたの友達が言うんだから、満更、嘘でもないんでしょ(A^^;)

最近は、焼酎用デカンタ(焼酎の水割りを作って、保存瓶として使うもの)も人気だそうです☆ 

備前付近を、くるっと回って、約4時間半のプチ・ドライヴでしたが、ちょっとした気分転換となりました[かわいい]
nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

安全祈願のお祓いへ☆ [おでかけ徒然]

備前一宮・吉備津彦神社 本殿昨年の夏、病床の父に、最後のオネダリをして、新車を購入しました☆

これまで、中古で手に入れて乗っていた愛車・ターセル君が、調子が落ちてきたことに加え、丁度、秋に車検を迎えること、政府が、製造から13年以上の車をエコ・カーに乗り換えると、エコ・カー購入補助金25万円を頂けるということから、思い切って購入したもの[パンチ]

その後、父が亡くなり、喪も開けてからも、なかなか、お詣りする機会が作れなかったのですが、ようやく足を運んでまいりました[あせあせ(飛び散る汗)]

前の愛車・ターセル君も、ここ、備前一宮・吉備津彦神社で、安全祈願のお祓いを受け、お陰をもちまして、大きな交通違反に捕まることもなく、また、些細な自損事故は有ったものの大事に至らず、そのお礼も兼ねて、御札も一緒に納めて参りました[揺れるハート]

備前・一宮・吉備津彦神社 奥社写真上は、本殿正面の右半分。全体を写真に納めようと努力したのですが、これ以上、下がると、階段から転げ落ちちゃう(爆) 右手には、今年の干支の大きな絵馬が奉納されていました。

よく、観光案内などで登場する吉備津神社と間違われるのですが、実は、今回、お詣りした吉備津彦神社の方が、神様としては実は格上となります(A^^;) え~、どちらも、備前一宮でして、同じく神社庁の管轄とはいえ、神社にも、若干の神様の系統に違いが有りまして、出雲系だったり、三輪系、伊勢系だったり、します。

最近は「諸国一宮巡り」なるものが、高齢者を中心に、ささやかな人気だそうで、この日も平日の午前中にも拘わらず、まぁまぁの参拝客で賑わっておりました。 奥社となる付近には、桃の花が、後少しで満開という感じですが、ご神域を彩っておりました☆

備前一宮・吉備津彦神社・車祓い所 本殿で、祝詞とお祓いを受けた後、新車となるHONDAFit君のお祓いを、して頂きました☆ 写真は、お祓い前なので、ドアは閉じた状態ですが、お祓いの時には、4つのドアと、ハッチバックを開けて、お祓いして頂きました[るんるん]

因みに、うたの車のナンバーは、父とうたの誕生日の日にち…同じ7月生まれなので。もちろん、父の誕生日の方が前部分で、うたの誕生日が後です(^^; 惜しいことに、平仮名の部分には、姓の一文字目が欲しかったのですが、兄の名前の一文字目となってしまいました。

帰宅後、早速、頂いた御守りを、車内のサンバイザーに取り付け、御札は、リア・ウィンドウに、キーには、お守りキーホルダーを付けて、これからのドライブを安全に護って下さるように、改めて神様にお願いしておきました☆ 
nice!(5)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感

竹台子-茶道のお稽古- [稽古徒然]

即中斎・掛け軸とお雛様毎週、火曜日は、お茶の稽古の日。あまにも、うたの覚えが悪いので、お師匠さんから、特別に毎週通うことを許されております(A^^;)

席入りは、まずは、お床の拝見から…先月末から、お雛様を飾ってます。

うたの県では、3月3日前から4月3日ぐらいまで、お雛様を飾る家が多いのですが、季節を先取りするのを良しとする茶道では、3月の節句が終わると、床の間に飾ることは稀なのですが、あいにく、今年は雨が多く、仕舞うのには、天気に恵まれないこともあって、旧暦まで飾られることとなりました。

お軸は、お雛様の掛け軸で、お宗匠のお顔(書付)がある、立派なものです☆

さて、4月10/11日に「お茶会」を、お師匠さんが催すことを決めました。ピアノなどで言えば、発表会に当たるものですが、お稽古のひとつとして、時には、緊張感を持って、お客様をもてなす、という稽古もしましょう、という趣旨のもの(^^; 稽古茶会とはいえ、弟子がそれなりのことは出来ないと、恥を掻くのは、お師匠様(笑) 先月半ばから、その特訓が続いております(笑)

竹台子・諸飾り本日のお稽古は、当日、使う、格の高い竹台子(たけだいす)を使ってのお点前の作法の4回目。いつもは、ひと月単位で、御棚や、お道具を替えて学ぶのですが、例え、稽古の一環とはいえ、お茶会ともなれば、失敗は許されない、ということで、2月、3月と、続けてお稽古することとなりました。


写真は、諸飾りの状態で、濃茶点前の場合も薄茶点前の場合も、御棚の飾り方は同じです。竹台子や長板の場合は、杓立てを使います。手前は建水(湯こぼし)です。今日は、稽古用なので、さほど良い、お道具類は使ってませんが、当日は、多分、お茶碗を始め、もう少し、良いモノが用意されるハズです(^^;

写真には映ってませんが、お茶入は、「割り蓋」と呼ばれるものに、長緒のお仕覆(しふく)を用いてのお作法。この割り蓋と長緒は、うたは初めての作法となるので、もう、サンザンでした~[パンチ] お師匠さんからは、「うたちゃん!リボンの結び方も判らないの!」とお叱りを受ける始末[ふらふら] 手取足取りとは、このことで、ちゃんと出来るようにと、来週までの宿題となっております[あせあせ(飛び散る汗)]

今日は、前もって、薄茶点前の予習と申しますか、イメージ・トレーニングはして臨んだんですが…それでも、やっぱり、手順を間違えてしまいました▼ う~ん、どうしても、初心者が陥りがちな部分なのですが、建水を引くのを忘れたり、帛紗を付けるのを忘れ、あれ?と使う時になって気付く、という有様です(A^^;)

当日は、お師匠さんからしても、もう一クラス上の代の師匠である伯母が来る予定なので、当初、うたの点前は予定されていなかったのですが、伯母様がいらっしゃるなら、うたちゃんも点前を…ということとなり、いきなり気合いを入れての猛特訓となった次第です。 ほんと、間に合うだろうか、と、お師匠さんも思ってることでしょうが、何よりも、一番、本人が困ってます[がく~(落胆した顔)]
nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

いちご大福♪ [日々徒然]

いちご大福♪


ホワイト・デー当日の日曜日は、オジサマが、お仕事で、お忙しい上に、土曜日も、お仕事なので、掲載したランチの後、ドゥ・エリエからは結構、距離的に遠いのですが、玉野市にある菓子処 「菓子匠 かわた」に、人気のいちご大福を注文しておいたそうな。

午前中、買いに行って渡してやろうと思ってくれてたそうですが、お店に電話したら、既に、午前の分は売り切れで、午後にも作るから、というお店の答えを聞いて、即、予約したそうです(A^^;) そして、同じなら、美味しい、その日の内に、と、夕方、わざわざ、自宅にまで届けてくれたもの[黒ハート] 

このオジサマは、毎年、形の残る(アクさせリーなどの類ですね)モノでは、お返しは無いのですが、この、いちご大福だけは、毎年プレゼントしてくれます。何でも、孫娘の大好物だそうな(苦笑) そのついで、というのも、厚かましいですが、うたも、毎年、楽しみにしてるので、忘れずに、数に入れてくれるんです(*^^*)v

お陰で、今年も、2日前倒しとはいえ、とても素敵なホワイト・デーとなりました[揺れるハート] [exclamation]お返しがまだな方、催促してる訳じゃありませんよ!(爆)

 紹介記事 菓子処 菓子匠 かわた  http://parh.net/sweets/?m=200711
nice!(6)  コメント(6) 
共通テーマ:グルメ・料理
メッセージを送る