So-net無料ブログ作成
稽古徒然 ブログトップ

竹台子-茶道のお稽古- [稽古徒然]

即中斎・掛け軸とお雛様毎週、火曜日は、お茶の稽古の日。あまにも、うたの覚えが悪いので、お師匠さんから、特別に毎週通うことを許されております(A^^;)

席入りは、まずは、お床の拝見から…先月末から、お雛様を飾ってます。

うたの県では、3月3日前から4月3日ぐらいまで、お雛様を飾る家が多いのですが、季節を先取りするのを良しとする茶道では、3月の節句が終わると、床の間に飾ることは稀なのですが、あいにく、今年は雨が多く、仕舞うのには、天気に恵まれないこともあって、旧暦まで飾られることとなりました。

お軸は、お雛様の掛け軸で、お宗匠のお顔(書付)がある、立派なものです☆

さて、4月10/11日に「お茶会」を、お師匠さんが催すことを決めました。ピアノなどで言えば、発表会に当たるものですが、お稽古のひとつとして、時には、緊張感を持って、お客様をもてなす、という稽古もしましょう、という趣旨のもの(^^; 稽古茶会とはいえ、弟子がそれなりのことは出来ないと、恥を掻くのは、お師匠様(笑) 先月半ばから、その特訓が続いております(笑)

竹台子・諸飾り本日のお稽古は、当日、使う、格の高い竹台子(たけだいす)を使ってのお点前の作法の4回目。いつもは、ひと月単位で、御棚や、お道具を替えて学ぶのですが、例え、稽古の一環とはいえ、お茶会ともなれば、失敗は許されない、ということで、2月、3月と、続けてお稽古することとなりました。


写真は、諸飾りの状態で、濃茶点前の場合も薄茶点前の場合も、御棚の飾り方は同じです。竹台子や長板の場合は、杓立てを使います。手前は建水(湯こぼし)です。今日は、稽古用なので、さほど良い、お道具類は使ってませんが、当日は、多分、お茶碗を始め、もう少し、良いモノが用意されるハズです(^^;

写真には映ってませんが、お茶入は、「割り蓋」と呼ばれるものに、長緒のお仕覆(しふく)を用いてのお作法。この割り蓋と長緒は、うたは初めての作法となるので、もう、サンザンでした~[パンチ] お師匠さんからは、「うたちゃん!リボンの結び方も判らないの!」とお叱りを受ける始末[ふらふら] 手取足取りとは、このことで、ちゃんと出来るようにと、来週までの宿題となっております[あせあせ(飛び散る汗)]

今日は、前もって、薄茶点前の予習と申しますか、イメージ・トレーニングはして臨んだんですが…それでも、やっぱり、手順を間違えてしまいました▼ う~ん、どうしても、初心者が陥りがちな部分なのですが、建水を引くのを忘れたり、帛紗を付けるのを忘れ、あれ?と使う時になって気付く、という有様です(A^^;)

当日は、お師匠さんからしても、もう一クラス上の代の師匠である伯母が来る予定なので、当初、うたの点前は予定されていなかったのですが、伯母様がいらっしゃるなら、うたちゃんも点前を…ということとなり、いきなり気合いを入れての猛特訓となった次第です。 ほんと、間に合うだろうか、と、お師匠さんも思ってることでしょうが、何よりも、一番、本人が困ってます[がく~(落胆した顔)]
nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

茶道のお稽古 [稽古徒然]

turedure_cha_01.jpg写真は、うたが通う表千家を教える、従兄弟の座敷の床の間のお花です…本日は、八重咲きの山茶花に、曙という銘のツバキ、山吹の実を、投げ入れしたものです。お茶席では、まず、お軸を拝見し、香合があれば香合、次に活け花を拝見することになっています。お軸・お花は、その季節、時節を感じさせる楚々としたものを選ぶことで、席を設ける方の心遣いに感謝する気持ちで拝見します。

さて、今日は、新年2度目のお茶のお稽古に行って参りました。一昨年から、従兄のお嫁さんに師事している、うたですが、昨年は、父の看護の為に1年間のお休み。習い始めたばかりでの、長期のお休みは、完全に「元の木阿弥」状態に(A^^;)

まぁ、お茶のキャリアだけを申し上げますと…一応、お免状だけは、初心者指南の教授資格を持っているのですが、全く、実質の実力が伴わない状態なんですねぇ(^^; 

それは、母が、嫁入りまでには「ここまでの免状だけは取らせたい」と健在な頃に張り切っていた為、高校時代に入門したからで、免状取得規定の年数だけは満ちているだけの話なんです(苦笑)

勤務時代には、お稽古に通う時間の余裕もなかったのですが、まぁ、介護を名目に自営業となって、年老いた父のスネを丸かじりしつつも、生活にユトリがあるうちに…と、一昨年、上位の免状の申請をし、母が取らせたい、と言っていた免状は、師匠である従妹の勧めもあって無事、手に入れることが出来ました[るんるん]

取得は出来たとはいえ、実力が無い、というのは、お茶会等に出席する場合に、現実問題として困ることが多く、うたばかりでなく、お師匠さんも恥を掻く一方なので、こりゃ、少しは身を入れて勉強しないとなぁ、と痛感させられることも、しばしば(>.<) で、今年からは頑張ることに致しました(A^^;)

本日は、中柱棚(なかばしらたな)を用いた小部屋点前で、濃茶と薄茶を稽古したのですが、濃茶は、飲むのは好きなのですが、恥ずかしながら、キチンとした作法で練った(濃茶の場合は点てる、というより練る、という表現を用います)のは、母の教授で学生時代にした以来のこと…覚えていなくて当たり前とはいえ、イチから一つひとつ、説明させられて、お師匠さんも、きっと疲れたことでしょうね(A^^;) 幸い、練り具合は大変に良く、美味しかったようですけど(苦笑)

どうも2週間に1度では、年齢による衰えもあって、作法を覚えきれないので、今年は、時間の都合が合えば、他のお稽古日に見学に行くことを許されました☆ まぁ、せめて一番弟子らしく、それなりに出来るようになってね、というお師匠さんの希望も有るんでしょ(笑) 

と言う訳で、お復習いも兼ねて、毎月のお稽古の様子を、時々、ご紹介させて頂きますね(^^;
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び
稽古徒然 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。