So-net無料ブログ作成
日々徒然 ブログトップ
- | 次の10件

いちご大福♪ [日々徒然]

いちご大福♪


ホワイト・デー当日の日曜日は、オジサマが、お仕事で、お忙しい上に、土曜日も、お仕事なので、掲載したランチの後、ドゥ・エリエからは結構、距離的に遠いのですが、玉野市にある菓子処 「菓子匠 かわた」に、人気のいちご大福を注文しておいたそうな。

午前中、買いに行って渡してやろうと思ってくれてたそうですが、お店に電話したら、既に、午前の分は売り切れで、午後にも作るから、というお店の答えを聞いて、即、予約したそうです(A^^;) そして、同じなら、美味しい、その日の内に、と、夕方、わざわざ、自宅にまで届けてくれたもの[黒ハート] 

このオジサマは、毎年、形の残る(アクさせリーなどの類ですね)モノでは、お返しは無いのですが、この、いちご大福だけは、毎年プレゼントしてくれます。何でも、孫娘の大好物だそうな(苦笑) そのついで、というのも、厚かましいですが、うたも、毎年、楽しみにしてるので、忘れずに、数に入れてくれるんです(*^^*)v

お陰で、今年も、2日前倒しとはいえ、とても素敵なホワイト・デーとなりました[揺れるハート] [exclamation]お返しがまだな方、催促してる訳じゃありませんよ!(爆)

 紹介記事 菓子処 菓子匠 かわた  http://parh.net/sweets/?m=200711
nice!(6)  コメント(6) 
共通テーマ:グルメ・料理

更新疲れ(^^; [日々徒然]

え~、本日は、横浜到着の記事をUPする予定だったんですけど…今回、UP予定の、たった1枚の画像編集が間に合わず、ちょっと休憩です(笑)

もともと、うたは、写真撮影そのものが上手な方ではありません(A^^;) まぁ、腕に応じて、デジカメも、かれこれ8年は来ようかという、そろそろ買い換え時かな?というシロモノ。それでも画素数は500万で、当時としては、結構な、お値段を出しましたが、一眼レフデジカメには叶いません▼ 

さて、旅行から戻っての1週間は、実に多忙でして、日中は、訪問客に備えて、ちょっと日常よりは丁寧なお掃除と、父の死後、なかなか手を付けられなかった病院の荷物の整理なども有り、はたまた、訪問客が帰った後は、これまた嵐のような有様で、またまた、お片付けに追われています(^^;

う~ん…もともと、片づけ、というのが大の大の苦手な上に、今回は、茶道具の整理なので、いささか、いつもと勝手が違うんですねぇ[ふらふら]

うたなんぞとは、力量もキャリアも数段と上の母が、病で倒れたあと、一度も手を入れてない、お道具類は、そもそも箱書きからして読めなくて、記憶を頼りに、確か、母が、こんなこと言ってたよなぁ…という感じで整理してますが、この際だからと、気合いを入れ直し、道具を包む紙やら和紙やら購入したり、で、大わらわしております(A^^;)

さすがに、夜は、書きたくて、ウズウズしている旅日記を更新してましたが、火曜日に、お稽古に行った際、お師匠さんクラスの皆様から、お茶の道具はね、こうしなさい、ああしなさい、こういう風にして仕舞っておくのが良いのよ、と、あれこれをアドバイスを頂き、あ[exclamation]こんな、やり方じゃ、ダメなんだ、と気付いた訳です(^^;

ピンからキリまで、お茶碗だけでも30個は下らないところにもって、母がお茶の教授しようと思っていただけに、茶灌(ちゃかん)やら灰器、炭斗(すみとり)、御棚など、一通りの道具は有るようです。ちょいちょい、母が使うつもりで、簡単な片づけ方をしていたので、これを、シッカリ仕舞うとなると、おおごとになってしまいました[がく~(落胆した顔)]

なので、ブログ更新は、ちょっとずつしか進めませんが、気軽に遊びにいらして下さいね☆
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

華麗なるオーストリア大宮殿展 [日々徒然]

華麗なるオーストリア大宮殿展チラシ


現在、まだ県立美術館で開催されている、オーストリア帝国・ハプスブルグ家の栄光を偲ぶ展覧会(というのかしら^^;)に行って参りました[るんるん] 東京の他は、後、神戸で開催されるそうですが、こういう規模の展覧会そのものが、うたの県で開かれる、ということ自体がマレなんです(A^^;) 今回は、普通ならば、広島か福岡あたりで開かれても不思議じゃない催しが来る、というので、張り切って行っててきましたよ[揺れるハート]

え~、歴史に余り詳しくない方の為に、少々、説明しますと…今回は、13世紀から、およそ700年、栄華を極めたハプスブルグ家の、特に18世紀半ば以降となる、オーストリア帝国(神聖ローマ帝国)が一番、繁栄した時代の女帝、マリア・テレジアの遺品なども展示されました。

マリア・テレジアは、かの、フランス革命でギロチンに処せられた、マリー・アントワネットの母です。マリア・テレジアは、夫・フランツ1世との間に、なんと16人もの子供に恵まれ、姻戚を利用して政治・領土の安定に努めた名君としても誉れ高い人物ですね(*^^*)

さて、今回の展示品は、シェーンブルグ宮殿を始めとして、神聖ローマ帝国時代に築かれた多くの宮殿から絵画・工芸・食器・家具・宝飾などが、レプリカも含めて展示されました。特に圧巻だったのは、王宮の食卓を再現した、テーブルウェアの素晴らしさです[exclamation] 遊び心のある、ナプキンの折り方から、日常的に使われたであろう金で紋章を飾った皿など。とても当時のモノとは思えない輝きで展示されていました。

また、王家の方々の肖像画も素晴らしく、その衣装のゴージャスなこと!ゴージャスって、本当は、こういうことを言うんだ、と思ったぐらい(^^; 美人で生涯ウエスト54cmだったという、エリザベート皇妃の肖像画は、マリー・アントワネットから贈られたというルビーを、ふんだんに使った衣装でした。

また、皇帝・皇后が地方巡幸の際に用いられたという玉座は、本当に、コレってバラして持ち運んだのかな?と思うほど立派で、季節や相手の地位などによって、ソファの張り替えも出来ると、説明にはありました。 展示されている椅子は、どれも見た目だけでなく、座り心地も良さげで、ちょっと座ってみたいなぁ、なんて不謹慎なことを思っちゃいましたよ(笑)

うたが、行ったのは、初日から3日目でしたが、県立美術館としては、最速で7万人の鑑賞者が訪れたそうです。そりゃ、そうだろ、と思う、納得の展覧会でした(*^^*)[黒ハート]

  岡山県立美術館公式サイト http://www.pref.okayama.jp/seikatsu/kenbi/index.html
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

無添加・手作り化粧水 [日々徒然]

これまた古い話題となるのですが、1月末から2月半ばまで、所用が多かった上に、体調を崩したり、旅行に出掛けていたりして更新が滞ってしまいました(ペコリ

追い追いには、順を追って、記事と月日が合うように更新していきたいと思ってますが、まずは古くなった話題からご提供です(^^;

手作り化粧水


1月24日に、お友達でもある、南京楼さんから「うたちゃん、ヒマだったら、手作り化粧水を作る会を催すから来ない?」とのお誘いがありました。 日頃から、何かに付け、友達ご夫妻からは、細やかな心遣いを頂いているのですが、父の喪も開けたということで、気晴らしに誘って下さったもの。

うた自身は信者さんではないのですけど、創価学会さんの婦人部会の催しの一環で、会員の方の他、気軽に知り合いの方を招いて「楽しいことをしてみましょ♪」という趣旨の集まり。 過去にも、いろいろとお誘いを受けて、参加させて貰ってまして、「すぐに役立つ書道の嗜み」やら「初歩の簡単・便利な中国語講座」などが有りました。いずれも、2時間ほどの講習?の後に、お互いが仲良く会談する、お茶会とセットとなってます。

さて、今回は、主催者である南京楼の女将さんが、ネットで遊んでいて発見したとかという手作り化粧水に挑戦することになりました(*^^*) 女性なら、誰だって、お肌に優しい化粧水が欲しいですよね[揺れるハート]

まずは、写真にあるように、材料は、グリセリン精製水の2つだけ! グリセリンは化粧水用のモノも販売されていますが、今回は、すぐにドラッグストアなどで手に入る、1本250円程度の物を利用しました。精製水も同じく、1本が200円程度だったと思うのですが、とにかく、この分量で、かる~く3ヶ月分ぐらいの分量は出来ちゃいます(^^; 化粧水らしく香りが欲しければ、オーガニック系のハーブ・オイルを用いると良いかもしれない、と言われましたが、肌に合う、合わないが有るので慎重に、という説明でした。

右端の大きめな計量カップに、グリセリン10ccに対して、精製水を100ccの割合で調合し、よく振って混ぜ合わせます。要は、これだけなんです(笑) 後は、写真では、後方に映っている小容器に詰め替えて出来上がり☆

今回は、10名ほどの人数分ということで、大きなサイズを用意しましたが、個人で作るなら、小瓶サイズでも十分かな(A^^;) ただし、保存添加物が入ってないので、或る程度のスピードで使い切ることが条件となります。

他に、ス~っとした感じが欲しければ、薬用アルコールを少量、加えることも出来るそうですが、まぁ、無難な線で、入れない方が良いように思えます。

このお値段で出来上がるのであれば、顔はともかく、ボディ・ローションとして使う分には、全く、惜しげなくバンバン利用できるというもの。試しに、うたがお風呂上がりに使ってみましたが、下手な市販のローションより、しっとりして、気持ち良いぐらいでした[るんるん] 

ダマされたと思って、まずは簡単に作れるのでお試しあれ!冬場の乾燥肌の人には、お勧めですよ(*^^*)v
nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

とちおとめの祈り [日々徒然]

つづきましては、これも年末に頂いたプレゼントの話題[揺れるハート]

父のことで、多くのお友達にご心配をお掛けしたので、お歳暮を贈らせてもらおう、そう思い、岡山名物の「あたご梨」を送りました、とメールを差し上げたところ、偶然・奇遇にも、お相手の方も、うたを慰めてあげよう、と思って下さったらしく、名産のイチゴを送りました、との連絡[るんるん]

そのお友達は、宇都宮にお住まいなのですが、何でも栃木県は、イチゴ生産量が日本一だそうで、年末休暇に、真岡市二宮に新設オープンされた「いちご ふるさと館」だったかな?に[車(セダン)]遊びに立ち寄った際に、生産農家直送で、栃木の生んだ名品種「とちおとめ」を、どど~ん[exclamation]と太っ腹に、4パック入一箱、プレゼントして下さいました[ハートたち(複数ハート)]
とちおとめ.jpg誠に申し訳ないことに、その素晴らしさに目が眩んでしまいまして、すっかり写真撮影を忘れて、パクパクと頂いちゃいました[exclamation×2](爆) なので、こんな感じのイチゴでした、ということで、同じく栃木の松村農園さんの販売サイトから写真を拝借してまいりました(^^;

普通、これほどの大きさとなると、大概が大味となってしまうのですが、さすがに産直!農家の方が手塩にかけてハウス栽培されただけあって、とても甘くて香りが良く美味しかったんです[黒ハート] ヘタの部分から、かぶりついても、4クチぐらいは掛かるほどの大きさで、いつもは、小粒なイチゴを潰して、牛乳と砂糖を合わせて頂くことが多い、うたですが、そのまんま、で食しました☆ それなのに、もう十分に甘く、イチゴを食べた~!という感じでした(*^^*)v

新鮮なウチに、お友達のお宅にも、お裾分けをしましたが、その友達からも「わぁ~!立派~!!」という歓声と共に、後ほど「いつになく美味しい苺をありがとう♪」と連絡を貰いました☆

あ!もちろん、一番最初に、父と母に御供えをしてからパクついたんですよ(笑)
nice!(1)  コメント(6) 
共通テーマ:グルメ・料理

NEWブログを言祝ぎまして♪ [日々徒然]

年が明け、松の内も過ぎました…お友達の皆様、お久しぶりです♪
新たに立ち上げたブログの最初のページを飾るに相応しいネタは何にしよう、と思った時、やっぱり、新築祝いじゃないけど、お祝いには、お酒はツキモノなので、まずは、大好きなお酒の話題から(爆)

菅公の酒福岡は筑紫野市、学問の神様として有名な太宰府天満宮の近くにある蔵元・大賀酒造さんの大吟醸です。何でも説明書によりますと、天満宮のご神木「飛梅」なる梅の花弁の酵母菌を使い、モロミを発酵させて作られたそうで、その名も菅原道真に因み「菅公の酒」と命名された日本酒。

受験生では無いけど、可愛い開運絵馬が、ありがた~いお酒です(笑) 今年は、いろいろと生活が大きく変化する一年となりますので、その意味でも、このお酒を呑むと運が開けそうな予感がしております(^^;

滅多にクチには出来ない、高級な大吟醸ですから、燗をしては勿体ない、と、そのまま「冷や」で頂きました。で、肝心な味わいは…と申しますと、コレが、掛け値無しに、実に美味しいお酒でした[るんるん] 一般的に大吟醸は、甘口が多いのですが、この菅公の酒は、スッキリとした味わいで、しかも大吟醸らしい馥郁(ふくいく)とした芳しい香りが素晴らしい[exclamation×2] う~ん…コレだけ旨い大吟醸を造る蔵元ならば、この蔵元の地酒「玉出泉」なる酒も味わってみたいですね(A^^;)

turedure_p_01.jpgそして、一緒に戴いた、お肉屋さん自家製のチャーシュー[揺れるハート]贈り主から、たっぷりの白髪ネギを用意して召し上がり下さい、と言われたので、その通りにして食しましたが、タレは、ちょっと甘めですが、それが、お肉の味わいを引き出していて、コチラも美味しくオツマミとさせて頂きました(笑)

今回、プレゼントして下さった方は、横浜在住の方なのですが、チャーシューはさておき、最初は、あれ?福岡の酒??と疑問に思って、お尋ねしたところ、お友達の方が取り扱っていらっしゃる、ということで、そのお友達のお薦め商品とのこと。このお店の話題は、また、近いウチに、もう一つのネタとしてUPさせて頂きますが、本業はお味噌屋さん(^^; これまた、美味しそ~な、お味噌が紹介されてますので、HPをご紹介しておきますね♪
   「いかり商会」http://sinise1ban.com/
おまけに、横浜のお友達の馴染みのチャーシューのお店もご紹介しておきますね☆
  「肉のたかはし」http://www.niku-takahashi.com/
タグ:日本酒 菅公
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
- | 次の10件 日々徒然 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。